なくて七癖

IMGP5291
pentax K-3 + smc Pentax-DA 50mm f1.8 1/60秒 f/5.6 ISO-100

特徴と言うか、癖って誰でも持ってますよね。
まぁ、これは写真に限ったことじゃなく、日常生活の中でもその人の癖はあるわけで、でも、本人は気が付いていない。
気が付いていたとしても、無意識のうちに出てしまうから癖なわけで、それを意識的に修正しようと思っていなければ、そう簡単に無くなるものではないです。
修正すると言うか、直した方がいい癖に限っての話ですけどね。
そうじゃなければ、その癖が、その人の特徴となる場合だってあるし、その癖があるから実力を発揮できる場合もある。

さっきから何を言っているのかというと、僕の写真の癖って、画面の端に何かが写り込むようなアングルが多いのかな。と思ったもので。
見る人によっては、それが邪魔と感じる人もいると思いますが、僕的には、何かが無いと寂しいというか物足りないw
だから、脇役的に入れてみたり。
今日の写真は、横から入り込んでるのが主役ですが^^;
そんなこと言われなくてもわかるって?
そうですね、でも、これで傘が脇役になると……

IMGP5292

なんのこっちゃの写真になってしまいます。
脇役デカすぎってことだし、なにを撮ってるのか伝わってこない。
でも、たぶん、2枚目の写真の方が良いと感じる人もいるんですよ。
人其々、好みは違いますからね。
で、撮る側と見る側の感性がピッタリと合えば、見てくれた人は、なんと素晴らしい写真なんだ!となるわけです。
ちなみに、僕は言われたことありません(-“-)
言われたことありませんが、言われたい願望はありますw
さぁ、遠慮しないで言ってみ……すいません、調子乗りました。。。

と言うことで、自分の特徴を押さえておきましょうということでした。 ← ホントか?(-_-;)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ