インパクト

IMGP3971
PENTAX K-3 + HD DA16-85mm 26mm 1/25秒 f4 ISO640

ども、ひろです。

写真を見るうえで、インパクトって大きな要素だと思うんですよ。
で、そのインパクトを何で与えるかというと、被写体であったり、構図であったり、写真のサイズだったりするわけです。
サイズって、結局は迫力のことになるのかな。
今日の写真は、いつものサイズよりも大きいわけですが、それだけ、目に飛び込んできた瞬間のインパクトがでかいわけです。
えっ、そうでもなかった?(-_-;)
そんなこと言わないの。

僕が載せる写真は、全て横のサイズが600pixelなので、縦撮りの写真だと、当然大きくなるわけですね。
元々、縦に撮るのが非常に苦手で、どうすりゃいいんだよとか思っていたのですが、K-3にしてからは、その苦手意識が無くなりました。
たぶん、縦横比が関係しているのだと思うのですが、4/3(フォーサーズ)の縦撮りと、3:2の縦撮りでは、3:2の方が写真という感じがしたのでしょうね。 ← 僕的には^^;
それ以降、普通に縦撮りの写真も撮るようになりました。

あっ、インパクトの話。
写真が大きいと、それだけ迫力が増し、インパクトが高まる。
そうするると、同じ写真でも良い写真に見える。
と、勝手に思っているのですが、どうでしょうか。
良い写真に見えるというのは、僕の思い込みかなぁ。

でも、写真は大きい方が気持ちいい。ですよね?

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ