カメラ屋にて

IMGP4635
pentax K-3 + HD DA16-85mm 48mm 1/40秒 f5.6 ISO-6400

ども、ひろです。

最近、カメラ屋さんに行くと、外人さんを見かけることがあります。
と言っても、アジア系では無くてヨーロッパ方面の人かな。(たぶん)
で、先日も、外人さんが、カメラとレンズを真剣に覗き込んでいるんですよ。
まぁ、それは不思議でも何でもなく、日本のカメラメーカーは世界的にも有名で評価が高いですから、カメラ好きの人なら間違いなく見にくるでしょう。
僕が、えっと思ったのは、その外人さんの質問です。
その外人さんは、ショーケースに並んだ中古のカメラを指さしながら、どうしてこんなに沢山の中古カメラがあるのかって訊ねたんです。
僕じゃなくて、お店の人にw

それに対して、お店の人が説明したのは、新商品が出たら、自分が持っている物を下取りに出して、新商品のカメラを買う人が多いので、それだけ中古として販売される数も多くなる。
それと、大切に使う人が多いので、かなり程度の良い中古品が多く出回っていると言うことを言ってました。
言っていたというか、英語と日本語とジェスチャーを交えて説明していたのですが、ちゃんと伝わってたのかなぁ。
そこで思ったのが、カメラの中古市場って、海外にもあるんじゃないのってこと。
日本みたいに、大きなマーケットは無いのかな?知らないけど。
それとも、下取りってシステムが無いのかな。そんなわけ無いか。
ebayとかもあるしね。
その外人さんが、知らなかっただけなのかも。

と言うか、この場合で一番高い確率は、僕のヒアリングが間違っていて、外人さんの質問そのものを聞き間違えていたということ。
でも、店員さんの説明も、そんな感じの説明だったんだけどなぁ。
もしかして、二人して間違ってた?

外人さん、困惑してたかもw

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ