カラープロファイル

fujifilmの色です。
fujifilmが発売しているフィルムの種類に合わせたカラープロファイルをLightroomに組み込んでるので、Fujifilm製のカメラで撮るとRAW現像時に適用できる。
ということなんですが、これが中々秀逸で気に入ってます。
X-E2で撮るとLightroomの現像機能として使えるわけですから、カメラの設定もRAWの一択で済むわけです。
現像しながらイメージに合ったプロファイルを選択できるし、発色が気に入ってるので他にいじる必要もない。
Pentaxも出し惜しみしないで、カラープロファイルをAdobeに提供すればいいのに。

ところで、カメラに保存する時の設定はどうしてますか?
K-3で撮る時は、カードスロットが2枚あるのでRAWとJpegの同時記録にしてます。
それはそれでいいのですが、PCに取り込む時は2枚取り込まないといけないわけです。
まぁ、Lightroomの保存フォルダをRAWとJpeg用に分けてるのであまり問題無いわけですが、X-E2の場合はカードスロットが1枚なので、その1枚の中にRAWもJpegも保存されてしまうわけですよ。
そうすると、SDカードからLightroomに取り込む時点で、一括取り込みをすると同じフォルダに保存することになる。
たいした問題じゃないのかもしれないですが、僕としては現像する時に煩わしいわけです。
なので、X-E2から取り込むファイルがRAWだけになるということは、僕にとって凄く効率的に作業ができるようになる。
ということで、PENTAXのカラープロファイルが組み込まれたらRAWだけにするのに……。

なに!
K-1とK-3Ⅱは組み込まれてるって?
K-3は置き去りですか。。。
カメラに白マジックでⅡって書き足してもダメかなぁ(-“-)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ