一番の近場

IMGP4529
PENTAX K-3 + DA50mm 1/3200秒 f1.8 ISO-100

ども、ひろです。

折角のGWですが、大した予定も無くて、家でブラブラしてます^^;
休みの取れる人は、途中の2日と6日を有休にすれば10連休となるので、海外でもどこでも好きなとこへ行けばいいさ(-“-) ← こらこら。
僕の場合は、カレンダー通りで有休もありません。
まぁ、仮に長期休暇が取れたとしても、特にすることも無いわけで、することと言えば、連休の間に写真撮りに行くぐらいかな……近場にw
ということで、一番の近場“庭”で写真を撮ってましたw
もう少し、カメラの使いこなしが上手くならないかな。なんて考えてたんですが、そんな中で、ひとつ分かったことが。
僕、一脚の使い方が下手過ぎ(-_-;)

確かに、一脚を使えば上下のブレは無くなるけど、前後左右はどうなのよ。
どうなのよと言われてもねぇ。
特に、問題は前後のブレです。
最初の写真はf1.8で撮ってるのですが、やっぱりピントが薄い。
一脚使っても、何枚かはピントがズレてます。
身体を鍛えるしかないか?特に、下半身。
まずは、毎日の走り込みだな。 ← 絶対にしません。

で、やっぱり、f5.6以上になってくると、安定してくるんですよ。
安定していると言っても、被写界深度が深くなるから、ピントの合う範囲が前後に広がっただけなんですけど。
でも、精神的にも安心して撮ることが出来ます。
それがこれ。

IMGP4528
PENTAX K-3 + DA50mm 1/200秒 f8.0 ISO-100

これは、f8.0なんですが、葉っぱ全体がハッキリとして、背景も見えてきます。
手前にある白いブロックも、輪郭がハッキリと見えます。
コントラストも高いですね。
どちらが良いかは別として、カッチリとしたイメージはf8.0。

ただ、このレンズ、それほど不満が有るわけじゃないのですが、開放(f1.8)で撮るとフリンジが目立つ時があります。
と言っても、大体Lightroomで処理できる範囲ですから、それで困ったこともないけど、出ないに越したことは無いですね。
そう考えると、少し絞って使うのが一番いいのかな。
開放は、どうしてもシャッタスピードを稼ぎたい時とか、なにか別の理由がある時。
まぁ、考え方次第ってことです。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ