伝えるための道具とは

IMGP2744

ども、ひろです。

毎日、ブログを更新しているわけですが、写真を選んで、文章を書いて、それをアップする。
まぁ、あたりまえと言えばそれまでですけど、写真も、文章も、自分の考えてることを表現するひとつの手段ですよね。
文章の場合は、比較的ダイレクトに、僕はこんなことを考えてますと伝えることが出来るのですが、それが写真になると、写真を見た人に僕と同じことを感じてもらうのは、少し難しいかなと思っています。
だから、僕の一枚の写真を見て、綺麗だなとか、凄いなと思ってもらえたり、元気が出たとか、癒されたと感じてもらえるだけでいいのかなと。それが、僕の意図した感想でなくても、そこに何かを感じてもらえたら、もうそれで十分なんだろうな。

その為には、文章を書く時の言葉の使い方だったり、文章の組み立てだったりと、伝わり易い表現を色々考えます。
それと同じように、写真も構図や色合いを考えて、僕の頭の中に描かれている画を形にしようとしています。その為には、僕のイメージするものを忠実に伝えることの出来る、高性能なツールが必要ですよね。
その時の情景を、正確に伝えることのできる、言い方を変えると、正確に残すことのできる性能を持ったカメラが必要。
えっ、さっきから、おまえは何を言ってるんだって?

・・・。
昨日、遂にpentaxのk-1が発売されたんですよ。
それが、大手量販店では初回入庫分が完売したとか、手に入れましたなんて書いてるブログを見たりすると、羨ましいなって(-“-)
きっと、素敵な写真が撮れるんだろうなぁ。
と言うことで、僕の感じたことを正確に伝えるためには、k-1が必要なんじゃなかろうか。
そ、そうなのか?(;一_一)
今、猛烈に欲しいです。物欲大魔王が、僕の頭の中で暴れてます。
でも、本体だけで25万円以上。
新設計のレンズも買うとなると、合計で、やっぱり40万円ぐらいになる。
どうする? ← どうにもなりませんw

思わず、ポチっといっちゃいそうな自分が怖い。
とは言うものの、しばらくは様子見ですね。
これから出てくるレビューの数々を見て、それから考えるとしましょうか。
その頃には、お金も溜まってるだろうし。(現実を理解できてません)

あぁ~、いいなぁK-1( ゚Д゚)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ