写真を撮る目的

最近、DAレンズを使うよりもPentax-Mレンズを使う頻度の方が高くなってきてます。
確かに、手間も無く綺麗に撮れるのはDA16-85mmだったりするのですが、それだとなにか物足りないんですよ。
写真の楽しみ方を間違ってるのかな?^^;

でも、ピントを合わせながらグリーンボタンで露出を決める。
その一連の流れが、写真を撮ってるんだという気分にさせてくれるんですよね。
まぁ、現像する時に収差を修正したり、コントラストを上げたりと手間はかかるわけですが。
それも含めて、楽しいと思える間は今のスタイルで行くのでしょう。 ← 他人事のようですがw

極端に言ってしまえば、僕の撮り方ってあまりカメラに拘らなくてもいいのでは?
と思うわけです。
現像時に修正をかけていくのだったら、元になる写真はそこそこ写っていればそれで良いんじゃないかって。
もちろん、ピントがズレてるとか、ブレまくってる写真はダメですけどね。
僕が写真を撮る目的ってなんだろ?

ちなみに、僕がこの写真を撮ってると、近くで僕を見ていた外人さんが真似して同じアングルで写真撮ってました。
彼にはこの風景がどう見えたんでしょうね。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ