忘れていたもの

R0010579
GRdigitalⅣ

ども、ひろです。

土曜日は、一日中カメラの掃除と、部屋の整理をしてました。
カメラは、上の写真に写っているメインのK-3とレンズ6本、GRdigitalのⅡとⅣ、CANONのG11といったところです。
お陰様で、気になっていたホコリもブロアーで飛ばし、カメラもレンズも綺麗になりました。
後、細々とした、使わないような物は全て処分することにして、段ボールにぶち込み、部品として使えそうなものは工具箱に整理する。
なんてことをしていると、使わないものが山のように出てくるし(-_-;)
でも、いつかは使うだろうと思って、大切に保管してたんだろうなぁ。
忘れ去っているものが殆どでしたけどねw

そんな中に、こんなのを見つけました。

R0010587R0010593

これ、CANON A-1で使っていた135mm f3.5です。
でも、あまり使った記憶が無いんですよね……そのわりに、塗装も剥げてたりしますけど^^;
他のレンズは、全て処分したのに、どうしてこれだけ残ってたんだろ?
しばらく考えて、思い出しました!

拡大鏡の代わりに使うつもりだったんだ。
なんだそれは、と思いました?
レンズ単体で覗いたらわかりますけど、通常に覗いても訳わかんないですが、正面から覗くと、かなり高い倍率の虫眼鏡と同じなんですよ。
レンズを外した状態で、絞りが締まっていたら見えないですが、このレンズは見てお分かりのように、レンズ単体の時に絞り開放となっているので、高倍率の虫眼鏡代わりにちょうど良かったんです。
邪道な使い方でしょw
色々と細かい作業をする時とか、部品の細い場所に品番が書いてあったりすると、いくら目を細めても読めないんですよね。
そんな時、これを使えばハッキリと見えるという訳です。
こんな使い方している人、世の中に居るのかな?

たぶん、それが目的で残していたと思うのですが……残していたことすら忘れていたという(-“-)
忘れてたぐらいだから、結局は、あまり必要性を感じなかったということなんでしょうね。
う~ん、どうすっかなぁ、このレンズ。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ