東京と大阪

IMGP3439
pentax K-3 + smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED [IF] 10mm 1/320秒 F5.6 ISO-100

ども、ひろです。

雨や曇りの日が続くと、こんな晴天の空を撮りたくなります。
この写真はFish-eyeで撮ってるのですが、こうして見ると、あまり湾曲が強調されているようには見えないでしょ?
端に行けば、当然、湾曲しているのが目立つし、標識なんかを見るとやっぱり少し歪んでる。
でも全体を見た感じでは、あまり意識するほどでもない。
このレンズ、使い方で随分と印象が変わるようです。
上手く使えば、他のレンズでは出せない表現をしてくれますが、下手に使うとインパクトだけで終わってしまう。
よく写る面白いレンズですが、常に使うレンズでは無いのかもしれません。 ← 常用は無理だって(-“-)

ところで、東京に住んでる時なら、天気の良い日を選んで銀座にぶらりなんて考えるのですが、大阪にあの雰囲気は無いし。
心斎橋にでも行ってみるかな。
大阪に戻ってきて感じるのですが、東京って本当に便利な街ですね。
車が無くても、電車を使えば何処にでも行ける。
と言うより、電車の方が移動するには楽かもしれないです。
そう考えると、カメラを持って撮りに出かけるには良い所だったんだ(-_-;)
たぶん、それぞれの街に表情があって、その時の気分で場所を選べたんでしょうね。

僕はと言えば、銀座でもよく撮ってたけど、谷中やアメ横でも撮ってたし、神田のガード下にもよく行ってました。
海を撮りたければ、葛西臨海公園や、ちょっと足を延ばせば千葉の方もあったし。
同じ街でも、新宿や渋谷に行くと、銀座とは違う表情があるし、六本木なんて街もあるしね。
なんだろうなこれ。
やっぱり、東京って凄い街なのかな。

早く大阪の雰囲気をつかまなくっちゃ。
って、大阪生まれの人間が言うことじゃないけどw

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ