金属の質感に魅せられて

写真を撮っていて自己満足してるのが、一部であれ金属を含んだ被写体を撮った時。
光物が好きなわけじゃないですが、写真を撮ったという気になるんですよ。
光っているかどうかに限らず、金属の質感を出せたらそれだけで満足してしまいます。
なんだろうなこれ。

花の写真を中心に撮っている人の感覚に近いのかな。
ひとつのテーマに固執するとか。
まぁ、そんな偉そうなもんじゃないですけどね(;一_一)

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ