金属の質感

またもやこんな写真でw

僕が考えている写真表現のひとつに、金属の質感があります。
金属ということで、光沢が出ればよいのかというとそう言うわけでもない。
特に反射を伴う金属の場合は、映りこんでいるものにも気を遣わないと後で後悔することになります。
また、照明(自然光も)の具合によっても質感は変わってきます。
今日の写真の場合は、コンロのセンターにある温度センサーが反射を伴う金属ですが、このサイズだと気にすることもありません。と僕は思ってます^^;
それよりも、中心にあるカバーと五徳の部分の質感が気になりました。
黒塗装の艶が綺麗に出ればいいなと。
それだと、金属というより塗装されたものを撮る話だろって思いました?
まぁそうなんですが、それも含めて金属ということで。

というより、コンロの写真でなに言ってんだってことですけどね。

«    »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ